×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




青い森鉄道線

青い森鉄道
『青い森鉄道線』
開業年 1891年(「盛岡」〜「青森」間)『日本鉄道』として開業
路線距離
(営業キロ)
121.9km
軌間 1067mm
駅数 26駅(目時〜青森)
複線区間 全線
電化区間 全線(交流20,000V 50Hz)
備考 元々は『東北本線』の路線でしたが、
『東北新幹線』の「八戸」延伸によって、
まずは『いわて銀河鉄道』の「目時」からの区間、
そして、「新青森」延伸によって、
「青森」までが『青い森鉄道』となりました。

「八戸」で運行系統が分かれるものとなっており、
「八戸」以南は『いわて銀河鉄道』と、
事実上一体のものとなっています。
一部、「八戸」を越えた運行もされています。

広域輸送としては、寝台特急の『北斗星』
『カシオペア』が運行をしていますが、
こちらの乗務員は『JR東日本』の所属となっています。

運賃は『東北本線』時代よりも高めに設定され、
「盛岡」〜「青森」の区間に普通電車で乗ると、
『東北新幹線』と1,000円ほどしか、
運賃が変わりません。

青い森鉄道線01(目時〜三戸)
青い森鉄道線01(目時〜三戸)

●使用車両

●青い森701系
『東北地方』を走る『JR東日本』の701系車両の、
マイナーチェンジタイプとなっています。
『いわて銀河鉄道』にも直通運転をしており、
『いわて銀河鉄道』と共に「盛岡」〜「青森」間を運行しています。


カラーリングが水色のものもあり、
こちらも『JR東日本』から譲り受けられたものです。


●直通運転
IGR7000系
『いわて銀河鉄道』からの直通運転車両ですが、
基本的に『青い森鉄道』と設備は変わりません。



駅名




目時
三戸
諏訪ノ平
剣吉
苫米地
北高岩
八戸
陸奥市川
下田
向山
三沢
小川原
上北町
乙供
千曳
野辺地
狩場沢
清水川
小湊
西平内
浅虫温泉
野内
矢田前
小柳
東青森
青森

基本は普通列車のみの運行となっており、
各駅停車とされています。
事実上は『IGRいわて銀河鉄道線』と一体の運行で、
大体会社境界線のような役割を果たすのは「八戸駅」です

快速列車の運行、『JR八戸線』直通の運行もありますが、
かなり限られた本数しか運航していません。

青い森鉄道線01(目時〜三戸)
青い森鉄道線01(目時〜三戸)

戻る
戻る